ご予約・お問合せ

03-6812-9144

(受付)10:00-19:00

ご案内

SUN'S ROOM

セラピーインタビュー

セラピーインタビュー

SUN'S ROOMでは、カウンセリングとは呼ばず、セラピーインタビューと謳っています。
緑多い青山で、少しお話ししませんか
セラピストがあなたのお悩みを解決するお手伝いをします
不安や悩み、誰にも相談できな いと思っている方に、是非!
一緒にあなたの思いに寄り添っていきます

完全予約制。事前ご予約をお願いいたします。

SUN'S ROOM のセラピーインタビューは・・・

来談者中心療法という、相談者の中に解決の種はすでにあるという考えのもとで、傾聴をベースとした対話セラピーと、短期で問題解決をはかるブリーフセラピーを主軸としながら、様々な心理療法を相談者の方の問題やテーマにそった形で提案をさせていただきます。

⇒ セラピーインタビューの流れ


セラピーインタビューの様子

時間は1秒でも大事!

時は誰にでも公平に与えられるものです。
有意義に過ごしましょう。

時間は1秒でも大事
© Hana Takemoto

メニュー

セラピーインタビュー

  • 70分 10,000円
  • 90分 12,000円

一回のセッションは70分または90分。

一対一で、ご夫婦・カップルで、親子・ご家族で。

心の傷や深い悩み、不安や怒り、悲しみも誰かに聞いてもらうだけで安心できます。

(写真) ご夫婦・カップルでもセラピーが受けられます  (写真) 親子・ご家族でもセラピーが受けられます

チラシ限定

こちらのチラシをご持参いただいた方限定のメニューをご用意いたしました。 »詳細

チラシ表面 チラシ裏面


お支払いは、セラピーインタビュー終了後、現金にてお願いいたします。

※健康保険の適応、また、医療控除の対象になりませんので、ご了承ください。

※お申し込みの際は、キャンセル規約をご確認ください。

ご予約・お問合せ

03-6812-9144

受付時間:10:00~19:00

完全予約制

お部屋のようす

ほっと一息つけるような空間を目指しています。


(写真)セラピールーム SUN'S ROOM 室内
© Hana Takemoto

(写真)セラピールーム SUN'S ROOM 室内 (写真)セラピールーム SUN'S ROOM 室内 (写真)セラピールーム SUN'S ROOM 室内

セラピスト

あなたの笑顔を取り戻すお手伝いをします。


サンズルームのセラピスト
© Hana Takemoto

中原 けい(Kei Nakahara)

(写真)SUN'S ROOM セラピスト 中原けい

認定臨床心理カウンセラー
認定臨床心理療法士
メンタルコーチングカード・ファシリテーター


過去の辛かった経験、人には言えない悩みや苦しみ、将来への不安など、誰にでも心に開かずの部屋はあると思います。

SUN'S ROOMは、あなたが思うままに自由に話して良い空間。
きちんと筋道を立てて話さなくても良いのです。 思いつくまま気の向くままに何でも安心してお話しください。
心の中が自然と整理され、今までとは違った感情、新たな発見や気づきに繋がることもあります。

あなたの心に寄り添い、笑顔が戻るようにお手伝いをさせていただきたいと思っております。

先ずは一歩、あなたの足で踏み出してみませんか。

美安(mia)

(写真)SUN'S ROOM セラピスト 美安

認定臨床心理カウンセラー
認定臨床心理療法士
社会保険労務士有資格者


人間への興味と自分探しが大好きだったことから、心理学やカウンセリングを学びました。

答えは常にあなた自身の中にあります。

新しい自分を発見したいあなた、
トンネルを抜けたいあなた、
重い荷物を下ろしたいあなた。

ぜひ、自分探しをしてみませんか?
そのお手伝いをさせていただけたら幸いです。
まずはお気軽にご相談くださいね。

☆中国語、広東語も対応できます。
異国の地で頑張っていらっしゃるあなたも、
SUN'S ROOMで日ごろのストレスを解消したり本音を打ち明けたり、
どうぞリラックスした時間をお過ごしください。

神田 朋代(Tomoyo Kanda)

(写真)SUN'S ROOM セラピスト 神田朋代

公認心理師
心理カウンセラー
フラワーサイコセラピスト
イギリス式カラーセラピー オーラソーマレベル2習得


心が疲れてしまったり、ゆとりがもてなくなってしまう、もやもやがどうしても晴れない。。。
誰しもにある瞬間だと思います。そのような時皆さんはどのように対処されていますか?
自分を否定したり、誰かを否定したりして、自責の念にかられてさらに落ち込んだり。。。
その様な時、ぜひお気軽にセラピーを体験されてみてください。
そして、疲れてしまった心に少し水をかけてあげましょう^^
自分自身と向き合い、心を開放し、自己変容や自己実現へと向かう皆様に寄り添い、サポートさせていただきます。

中条 奏(Kana Nakajo)

(写真)SUN'S ROOM セラピスト 中条奏

認定臨床心理カウンセラー
認定臨床心理療法士


自分が落ち込んだ時にどうやって過ごしていただろう?
何もかもやる気がなくなった時に、どう日々を送ってきたのだろう?
悲しみや苦しみがいっぱいな時に 誰かに何かを聞いてもらいたい
その内容が、どうあれ、自分の中で何かが吹っ切れる気がする

経営者の皆様や個人事業主の皆様、フリーランスの方々にとって
自分ですべてを切り開いてゆくしか、方法がないと思っていらっしゃいませんか
少しだけ 心を開いてみて 本音で自らを表現してみませんか
つらい時も 苦しい時も 悲しい時も、様々な感情があふれ出る時も
どうぞ、当SUN'S ROOMにお越しください
あなたの味方になりたいと日々思っています

セラピーインタビューの流れ

STEP1

セラピーを初めてお受けになる方の中には、セラピーとはセラピストがアドバイスをするものだと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、SUN’S ROOMのセラピーインタビューでは大体1回目~3回目くらいまでは、まず主に相談者様のお話を丁寧に 傾聴 けいちょう 、 させていただくことを大切にしています。
多くの方は、自分の抱えている問題は1つと思っていらっしゃる方が多いのですが、実際に丁寧にお話しを聴かせていただくと、ある問題が別の問題を引き起こし、その問題がまた新たな問題を引き起こし、、といったように、困った状況や悩みがいくつも絡まりあい、本当の問題がどこにあるのか分からなくなり、苦しみ続けていらっしゃる方が殆どです。
そして、お一人で考えていると毎回堂々巡りになってしまい、「もうどうしようもない・・」とあきらめの気持ちになってしまうことも多々あります。
まずは、悩んでいる現状やお気持ち、当面の目的など、お話しを伺いながら一緒に整理していきます。
相談者様の心に負担がかからないよう、お一人お一人のペースを大切にしながらお話を聴かせていただきます。

STEP2

当初考えられていた「自分の1つの問題」が、いくつかの問題が絡まり合っていたことに気が付き、絡まり合った糸をほどくかのように問題を小分けにできるようになってきます。
すると、自分ではどうしようもできないと思っていた「漠然とした大きな問題」が、これなら何とか対処できるかもしれない、という「取り扱いのしやすい、いくつかの問題」、「取り組みやすい、いくつかのテーマ」になっていきます。
このあたりの段階にくると、堂々巡りになっていた自分自身の問題がスッキリと整理され、解決の道への手ごたえを感じられる方もいらっしゃいます。

STEP3

「いくつかのテーマ」の中から、まずはどこから取り組んでいきたいか、テーマを絞る、優先順位を付けていただきます。
一度にいくつかのテーマに向き合う、一度にいくつもの変化をとげる、というのは、非常にストレスのかかることですので、ひとつずつ取り組んでいきましょう。日常生活では様々なことが駆け巡り、立ち止まって自分の一つのテーマに丁寧に向き合うという時間的余裕がとれないかもしれません。
しかし、それによって、問題が表面的にしか考えられなかったり、「とりあえずこうしておこう」と うやむやなままに対処していることで、維持・助長されてしまうこともあります。
一つのテーマについてじっくり取り組む時間をセラピーインタビューのなかで持つことによって、普段では考えが及ばなかったこと、問題を抱えた意味の理解、自分のテーマの真髄や本質にまで気が付くことに繋がったり、頭で考え過ぎていたことによって置き去りにされてしまっていた自分自身の「感情」に気が付き、どうしたかったのかの真実の答えがみつかることもあります。
これらを「気づき」と呼んだりしています。
この段階まで来ると、自己理解、自己受容が深まり、新たな自分を感じられる、自己変容へ向かっていきます。

STEP4

新たな自分への気づき、どんな自分に変化していきたいのか、どうなっていきたいのかという目的を具体的にさせていく段階になります。
「幸せになりたい」「より良い自分になりたい」という漠然とした目的だけでは実現しにくいものです。
具体的に何ができるようになれば「幸せ」といえるのか、自分にとっての幸せとはいつ、どこで、誰に、何ができることなのか、というように具体的な「行動」によって考えることによって、自分の幸せが具体的なものになり、実感を伴った幸せを実現できる自分自身へと変化していくことができます。

STEP5

実感を伴った幸せを実現していく「方法」を一緒に考えます。
この段階で、心理カウンセラーの知識や経験、心理療法などの技術を提案させていただくことがあります。
勿論、心理カウンセラーは問題解決への様々な知識、技術を持っていますが、丁寧に話を聴く前に、それを安易に提案することは致しません。
相談者の状況、精神状態、またお互いの信頼関係などを鑑み、適切なタイミングに適切なアプローチをするのがプロの心理カウンセラーだと考えています。
この段階で効果的なアプローチをさせていただく為にも、初回~数回かけて行わせていただく「 丁寧 ていねい 傾聴 けいちょう 」は大切になってきます。


STEP1

気持ちを整理

STEP2

テーマに小分け

STEP3

テーマに取り組むなかで「気づき」

STEP4
目標を具体的に。

幸せを実現できる自分へと変化

STEP5
幸せを実現する方法を考える




来談者中心療法という、相談者の中に解決の種はすでにあるという考えのもとで、傾聴をベースとした対話カウンセリングと、短期で問題解決をはかるブリーフセラピーを主軸としながら、様々な心理療法を相談者の方の問題やテーマにそった形で提案をさせていただきます。
個人差もありますが、上記のような流れでお話を伺っていくと大体10回程度で一旦終結になるということが多いです。

また、セラピーインタビューが進むにつれて、セラピーインタビューに行きたくないという気持ちが出てくることがあることがあります。
大きな変化を迎えようとしている時に、そのようなお気持ちになることがあります。
強制することはありませんが、そういったお気持ちにも一緒に寄り添っていけたらと考えておりますので、率直にお話いだだけたらと思います。


来談者中心療法

来談者らいだんしゃ 中心ちゅうしん 療法りょうほう は、クライエント中心療法とも呼ばれます。
アメリカの心理学者のロジャーズ(Rogers,C.)が考案した心理療法です。
当初、来談者中心療法は、「指示・教育」をしないことから、非指示的療法と呼ばれました。
後に、ロジャーズは、主導権や方向性はクライエントが握っていて、 カウンセラーはその方向にそって援助していけば、人間が本来もっている自己実現や自己成長する力が発揮されて治癒していくと考え、 来談者中心療法と呼ぶようになりました。

ブリーフセラピー

ブリーフセラピーは、ブリーフサイコセラピー、短期療法、短期精神療法などとも呼ばれます。
「ブリーフ(brief)」とは「短い・短期」という意味で、ブリーフセラピーとは短期間で、効率的に、効果的におこなうセラピーのことを言います。
「短期」とは、一般的には10~20回のセッションで治療・支援を修了させることを目標としています。
SUN'S ROOMでは、10回程度での終結を目標としていますが、個人差がありますのであくまでも目安としてお考えください。

東京青山 セラピールーム SUN'S ROOM